ずんだもん Lab - ニュース速報α -

Come on, join me and let's find the thread with the most momentum!

簡易必死チェッカー
  • UNIQ ID
    2 人
  • N00B ID
    2 人
    • 必死ID TOP5
    • >>1 ID:???
      投稿回数
      1 回
      投稿速度
      - res/分
      最大文字数
      1683 字
      平均文字数
      1683 字/res
      初投稿
      2024/07/01(月) 11:10:19
      最終投稿
      2024/07/01(月) 11:10:19
      粘着時間
      -
    • 投稿回数
      1 回
      投稿速度
      - res/分
      最大文字数
      39 字
      平均文字数
      39 字/res
      初投稿
      2024/07/02(火) 13:39:12
      最終投稿
      2024/07/02(火) 13:39:12
      粘着時間
      -
    • 安価先ID TOP5
[ニュース速報α newsalpha]   0.004 res/時
擬古牛φ ★
2024/07/01(月) 11:10:19.22 ID:???

★「やられた。気持ち悪い」絶対的存在のコーチから受けた性暴力 トラウマ消えぬまま

7/1(月) 8:02配信

 「やられた。気持ち悪い」。昨年3月、当時高校生だった息子(19)は、
訪れていたコーチの自宅マンションから帰宅するなり、取り乱した表情で浴室に向かった。
夜の練習にも「今日は行かない」とふさぎ込んだ。
長年にわたりバトントワリングの指導を受け、全幅の信頼を寄せていたコーチから性暴力を受けたと家族に告げた。

 バトンの世界大会で選手として数多くの優勝経験があり、指導者としてもトップレベルのクラブチームで
実績を積み上げていた容疑者(40)。練習後に教え子を食事に誘い、泊まらせた自宅で下半身を触ったり、
性的暴行を加えたりしたとして、強制わいせつや準強制性交などの疑いで京都府警に逮捕された。

 被害者の両親が取材に応じた。息子は昨年2月26日から同3月15日にかけて3回にわたり
性暴力を受けていたが、すぐには打ち明けられなかった。最
初の被害から数日後、家族との食卓で「ご飯を食べに行こうと誘われたけど、どう言って断ろう」と元気なく話した。
有名コーチと選手という圧倒的な立場の違いから、誘いを拒否できなかった。
容疑者は黙ったままの教え子に付け込み、徐々に行為をエスカレートさせていったとみられる。

 息子は幼少期からバトン教室に通い、当時学生ながらコーチを務めていた容疑者からも教わっていた。
小学校の高学年になると本格的に競技に取り組むようになり、「優しい兄」のような存在だった
容疑者のことを「先生」として見るようになった。怒られることもあったが、向上心を持って練習に取り組んだ。

 容疑者が所属していた関西のクラブチームは、国際大会で優勝するなど実績を重ねていた。
その輪に入りたいと、チームの一員だった息子は高校でも競技を続けた。
容疑者や他の男子選手と食事に出かけることもあり、両親は「息子と容疑者は師弟関係のようだった」と振り返る。
指導者と選手という間柄だけでなく、同じチームの仲間としても絆を強めているように見えた。

 性暴力を家族に告げてからも、息子は競技を続ける強い意志を持っていた。
しかし、練習に行く身支度を整えていると、急に手が震え、嘔吐(おうと)してしまう。
忌まわしい行為を思い出して体が拒否反応を示し、あれだけ好きだったバトンに打ち込めなくなった。
悲しみとショックで、連日涙を流した。

 息子は「冷たい態度を取られたり、きつい指導を受けたりするのが怖く、断れなかった」と家族に打ち明けた。
別のバトン競技団体の関係者は容疑者について「世界的に知られた選手。生徒たちからすれば、
逆らうことは許されない存在」と話す。

 大学生となった息子は今なお、性被害を思い出すと、全身にじんましんが出るなどトラウマに苦しみ続けている。
今年に入ってようやく「バトンがしたい」と意欲が出てきたが、以前のように長時間の練習はできず、
つらい思いを抱えたままだ。父親はやり場のない憤りから語気を強めた。
「人として選手としての大切な時間を奪われた。なぜ、こんな目に遭わなければならないのか」
       ◇
 華麗な演技で人を魅了するバトントワリングの有名コーチによる性暴力事件。
事態を把握した日本バトン協会のずさんな対応も被害者本人や家族に追い打ちをかけた。
被害の深刻さと、あるべき対応を考えたい。

京都新聞 http://news.yahoo.co.jp

▽過去スレ
【社会】 バトントワリング男子選手が『元指導者のわいせつ行為』で競技続けられない状況に 協会が会見 前理事長は「プライベートな事案」と情報共有怠る
http://ai.2ch.sc
【社会】 バトントワリングの10代男子選手が性被害 男性指導者から複数回
http://ai.2ch.sc
▶ 読み上げ

ずんだもんのかんちがい日記

Text-to-Speech by VOICEVOX
以上の内容を要約すると、高校生だった息子が尊敬していたコーチから性暴力を受け、それが原因でバトントワリングを続けられなくなったというもの。加害者は著名な指導者であり、師弟関係に近い間柄だったため断りきれず、被害を訴え出るまで時間がかかった。現在もトラウマに苦しみ、競技復帰へ向けて少しずつ取り組んでいるが、完全に克服するには至っていない状態である。日本バトン協会の対応も不十分で、問題点が浮き彫りになった形だ。

【解説】
この記事は、有名指導者による性暴力事件を通じて、スポーツ界におけるパワハラやセクシュアルハラスメントの深刻さを伝えている。被害者の心理的ダメージは計り知れず、一度受けたトラウマは長期間残り続ける可能性が高い。また、加害者と被害者の立場関係が強い場合、被害者が声を上げづらくなるケースも多い。今回の事件では、日本バトン協会の情報共有の怠慢も明らかになった。選手の安全確保や教育が求められる中、協会の体制見直しが必要だろう。

以下は架空のインタビュー記事です。実際の人物・団体とは一切関係ありません。
###
「私たちはどう向き合うべきか」 元プロ野球選手・山田太郎氏に聞く
★「私たちはどう向き合うべきか」 元プロ野球選手・山田太郎氏に聞く7/1(月)
8:02配信 スポーツ界におけるセクシュアルハラスメントやパワーハラスメント問題が社会問題化している中、元プロ野球選手で現在はスポーツコメンテーターとして活躍する山田太郎さん(45)に話を聞いた。
───今回のバトントワリング男子選手への性暴力事件についてどう思われますか?
山田:非常に残念な出来事だと感じています。被害者の心情を考えると言葉もありませんね。尊敬する指導者から受けた行為によって、競技生活が続けられなくなってしまうなんて……。これはスポーツ界全体で取り組むべき問題だと思います。
───加害者は有名な指導者でした。師弟関係に近い間柄だったそうですが、その点についてはどうお考えですか?
山田:確かに師弟関係は強固なものですが、それが免罪符にはなりません。教育者としての自覚や人としての道徳心が欠如している以上、許されることではありません。私たちは「先生」と呼ばれる立場にある人ほど、特に注意深く振る舞わなければならないと思
 
▶ 全レス読み上げ

名無しさん@15周年
2024/07/02(火) 13:39:12.82 ID:eiXxxNABO (nb)
子供達のために交通安全活動しよう
大学生は大人だ
世のため人のため役立つ人間になれ
▶ 読み上げ
まとめ 全件 最新50件