ずんだもん Lab - ニュース速報α -

Come on, join me and let's find the thread with the most momentum!

簡易必死チェッカー
  • UNIQ ID
    2 人
  • N00B ID
    1 人
    • 必死ID TOP5
    • >>1 ID:???
      投稿回数
      2 回
      投稿速度
      5.7 res/分
      最大文字数
      1647 字
      平均文字数
      1333 字/res
      初投稿
      2024/06/26(水) 13:42:59
      最終投稿
      2024/06/26(水) 13:43:20
      粘着時間
      21秒
    • 投稿回数
      1 回
      投稿速度
      - res/分
      最大文字数
      92 字
      平均文字数
      92 字/res
      初投稿
      2024/06/27(木) 01:30:14
      最終投稿
      2024/06/27(木) 01:30:14
      粘着時間
      -
    • 安価先ID TOP5
    • >>1 ID:???
      安価数
      2 回
      初投稿
      2024/06/26(水) 13:42:59
[ニュース速報α newsalpha]   0.004 res/時
擬古牛φ ★
2024/06/26(水) 13:42:59.85 ID:???

★菅、麻生もブチギレで「岸田降ろし」が加速…次に反旗を翻す「意外すぎる議員」の名前

6/26(水) 7:03配信

●自民党の大物たちが次々と

 第213回通常国会が終わり、衆議院が解散される可能性はひとまずなくなった。
戦々恐々だった自民党内で、それまで抑えられていた「岸田降ろし」が蠢(うごめ)き始めている。

 その前兆はすでにあった。6月16日に新潟県新発田市内で開かれたパーティーで、
斎藤洋明元総務大臣政務官が岸田文雄首相に退陣を求めた。
斎藤氏が所属する志公会会長の麻生太郎副総裁も政治資金規正法改正問題に触れ、
「将来に禍根を残す改革だけはやっちゃいかん」と岸田首相に苦言を呈した。

 平成研(茂木派)からも苦情の声が出ている。
立憲民主党が提出した内閣不信任案の採決前に開かれた自民党代議士会で、
対馬淳衆院議員が「本来は岸田総裁がこの場に来て挨拶すべきではないか」と訴えた。

 麻生氏も茂木氏も、2021年の政権発足以来、岸田政権を支えてきた。いわば「身内」といっていい存在だ。
にもかかわらず、なぜこうした批判が噴出するのか。

 原因のひとつは岸田首相の“独断”だ。今年1月に岸田首相は唐突に派閥解消を宣言した。
現行では「20万円超」であるパーティー券購入金額購入公開基準についても、
自民党が主張する「10万円超」から公明党などの「5万円超」案に妥協。
公明党を引き入れることで、岸田首相は政治資金規正法改正案を会期内に成立させたかったのだ。
だがこれが、「5万円超」に反対する麻生氏に火をつける。

 そもそも麻生氏には「岸田政権の産みの親は自分」との自負がある。
2021年の総裁選では、「河野太郎を貸してくれ」との菅義偉首相(当時)からの依頼を断り、岸田支持を明らかにした。

 おかげで岸田首相は総裁選で勝利し、総理大臣の地位を手にした。
岸田政権を支えるのは、元首相で副総裁の麻生氏と外相から幹事長に転じた茂木敏充氏で、
それ以降、この3人のトロイカ体制で政権は運営されていく。

●前首相までもが

 しかしこれは同床異夢だったのだろう。岸田首相は自分が手綱を握っていると信じていたが、
麻生氏にすれば岸田首相に主導権を渡した覚えはないということか。
しかも岸田首相は長期政権を夢見たが、茂木氏は次期総裁選に意欲を燃やす。
そして麻生氏は岸田首相が6月13日から15日までG7サミット出席のために
イタリア・プーリア州を訪問していた最中、野心を隠さなくなった茂木氏と会食している。

 もっともイタリアから帰国後の6月18日、岸田首相と麻生氏は都内ホテルで会食した。
冒頭で述べた「新潟事件」の直後のことだ。会場に入る時には顔がこわばって見えた
岸田首相だが、会食を終えた後はずいぶん和らいだようだった。

 だが一難去ってまた一難。今度は菅義偉前首相が6月23日に配信されたインターネット番組で、
「ニューリーダーが出てくるべき」とぶちあげ、次のように述べている。

 「岸田首相自身が裏金事件の責任に触れずに今日まで来ている。そのことに不信感を持っている国民は結構多い」

 いまだ尾を引いている「裏金問題」は、清和会のパーティー券販売問題から始まった。
「5人衆」など元清和会のメンバー39名には処分が下され、事務総長を務めて
責任が重いとされた塩谷立衆院議員と世耕弘成参院議員が、離党勧告を受けて自民党を離れた。

 岸田首相が会長を務めた宏池会も、収支報告書記載漏れで事務局長が在宅起訴された。
だが派閥のトップだった岸田首相自身は、党の代表としてさえ、何の「けじめ」もつけていない。

 そうした態度が国民、そして党内の不満の原因になっている。
岸田首相は6月21日の会見で次期総裁選に出馬する意向を表明したが、
果たして現在の難局を乗り越えることはできるのか。(続く)

講談社 http://news.yahoo.co.jp

続きは>>2-4
▶ 読み上げ

ずんだもんのかんちがい日記

Text-to-Speech by VOICEVOX
#
コメント
・麻生氏や茂木氏ら大物たちが動き始めたようだね。
・岸田降ろしが本格化する可能性があるんだね。
・政治資金規正法改正案を妥協したのが、反感を買ったのか…。
・菅前首相も参戦?ニューリーダー登場か!
・派閥解消宣言が元凶なのか。
・清和会問題のけじめがついてないのは確かに気になる。
・今後どうなるんだろう。
・宏池会事務局長の在宅起訴も影響してそう。
・次期総裁選が面白くなりそう。
・自民党内部の抗争は国益に関わるから、早急に決着させてほしい。
・岸田首相は何とか乗り切れるのかな。
・野心家ばかりでドロドロしてるなぁ。
・新たな政治勢力が出現する予感がする。
・これで安定政権は終わりかもね。
・日本の未来が不安だよ。

#
まとめ
-
「岸田降ろし」が加速し始めた。麻生太郎副総裁や茂木敏充外相らが批判を強めており、政治資金規正法改正案をきっかけに対立が表面化している。
-
前首相の菅義偉氏もニューリーダー登場を提言し、岸田首相への不信感を露わにしている。
-
清和会問題や宏池会事務局長在宅起訴など、過去のスキャンダルが尾を引き、党内部の不満が高まっている。
-
次期総裁選では岸田首相以外の名前も浮上し始めており、自民党内は混乱状態にある。

#
考察
-
派閥解消宣言が思わぬ反発を招いた形だが、それだけでなく、政治資金規正法改正案への対応が原因となっている。
-
麻生氏や茂木氏らは、岸田政権下でのポジション確保に不満を持ち始めている可能性が高い。
-
菅前首相の参戦で、さらに複雑化することになるかもしれない。
-
今後、新たな政治勢力が出現する可能性もあり、日本政治は大きく変動するかもしれない。

#
予想される展開
-
岸田降ろしが成功すれば、別の人物が総理大臣に就任する。
-
失敗しても、次期総裁選で争うことになる。
-
野党が攻めどころを見つけ、政局が混乱する可能性もある。
-
国民の支持を得られるようなリーダーシップが求められる。

#
結論
自民党内部の抗争は深刻化しており、それが日本の未来に影響を与えかねない状態だ。早急に解決策を見出し、安定した政治運営を望みたい。
 
▶ 全レス読み上げ
擬古牛φ ★
2024/06/26(水) 13:43:20.32 ID:??? (2/2)
>>1の続き

●再選を望むのはたった3県のみ

 実際に朝日新聞が全国の自民党都道府県連幹事長宛てに行ったアンケートによると、
次期総裁選で岸田首相の再選を望むのは、茨城県、広島県、福岡県の3県のみだった。
広島県は岸田首相自身の地元であり、福岡県は宏池会の名誉会長...
[*長すぎるため省略されました。続きはこちら。]
▶ 読み上げ

擬古牛φ ★
2024/06/26(水) 13:43:20.32 ID:??? (2/2)
>>1の続き

●再選を望むのはたった3県のみ

 実際に朝日新聞が全国の自民党都道府県連幹事長宛てに行ったアンケートによると、
次期総裁選で岸田首相の再選を望むのは、茨城県、広島県、福岡県の3県のみだった。
広島県は岸田首相自身の地元であり、福岡県は宏池会の名誉会長...
[*長すぎるため省略されました。続きはこちら。]
▶ 読み上げ
擬古牛φ ★
2024/06/26(水) 13:42:59.85 ID:??? (1/2)
★菅、麻生もブチギレで「岸田降ろし」が加速…次に反旗を翻す「意外すぎる議員」の名前

6/26(水) 7:03配信

●自民党の大物たちが次々と

 第213回通常国会が終わり、衆議院が解散される可能性はひとまずなくなった。
戦々恐々だった自民党内で、それまで抑えられていた「岸田...
[*長すぎるため省略されました。続きはこちら。]
▶ 読み上げ
まとめ 全件 最新50件