ずんだもん Lab - ニュース速報α -

Come on, join me and let's find the thread with the most momentum!

簡易必死チェッカー
  • UNIQ ID
    1 人
  • N00B ID
    1 人
    • 必死ID TOP5
    • >>1 ID:???
      投稿回数
      1 回
      投稿速度
      - res/分
      最大文字数
      1793 字
      平均文字数
      1793 字/res
      初投稿
      2024/03/31(日) 09:01:11
      最終投稿
      2024/03/31(日) 09:01:11
      粘着時間
      -
    • 安価先ID TOP5
[ニュース速報α newsalpha]   0.002 res/時
擬古牛φ ★
2024/03/31(日) 09:01:11.12 ID:???

★二階俊博元幹事長の“裏金問題” 『義理(G)と人情(N)とプレゼント(P)』3500万円分の書籍の行方【報道特集】

3/30(土) 21:32配信

自民党の派閥の裏金事件を受け、来週にも行われるという関係議員への処分。
党内で最も不記載の額が大きかった二階元幹事長が今週、次の選挙に出馬しないと表明しました。
その裏金で購入していたとする大量の書籍、およそ3500万円分。
その後、それらの書籍はどうなったのか、取材しました。

■二階元幹事長の書籍“爆買い”

自民党・二階俊博元幹事長
「自らの政治責任を明らかにすべく(岸田総理に)次期衆議院選挙に出馬しないことを伝えました」

自民党の処分を前に、自らの進退を決めた二階俊博元幹事長、85歳。

記者
「お年を考えてということではない?」

二階元幹事長
「お前もその歳来るんだよ。馬鹿野郎」

政治資金パーティーをめぐる不記載の額は5年間で3526万円と、二階氏が最も多い。

問題発覚を受けて二階氏の事務所は収支報告書を訂正。新たに公開した領収書から明らかになったのは“書籍の爆買い”だった。

買っていた本は、二階氏に焦点を当てたものから、他の政治家が執筆したものなど17種類。
幹事長時代を含む2020年からの3年間に合わせて2万7700冊、3470万円あまりを支出していた。

■3500万円書籍代のナゾ

領収書には、書籍代の受け取り先として複数の企業名が記されていた。
17の書籍のうち、最も支出額が多かったのが、「ナンバー2の美学・二階俊博の本心」。
二階氏についてこう紹介している。

「二階が人心掌握に長けているといわれるその極意というのは『義理(G)と人情(N)とプレゼント(P)』といわれ、
多くの関係者から“二階のGNP”と呼ばれているという」

二階氏はこの本を5000冊、合計1045万円分、購入したという。
取材を進めると、出版社も把握していない不可解な金の流れがあることがみえてきた。

村瀬健介キャスター
「5000冊という大量の書籍を購入したことになっていますけれども、その書籍の出版社がこちらです」

編集長が取材に応じた。5000冊が二階氏によって購入されていたことを全く知らなかったという。

ブックマン社 小宮亜里編集長
「ちょっとこれは知らなかった。青天の霹靂でした」

本を監修した人物から、出版する大半、6000冊を“自分が買い取る”と条件を提示され、出版を決めた。
その人物は政界に広く人脈があり、二階氏とも何度か対談する仲だった。

ブックマン社 小宮編集長
「政治家さんの本って売れないので、(監修者が)「僕が買い取る」と言うので出版を進めました。
ポケットマネーなのかもしれないし、その辺はあまり深く考えなかった」

――出版に政治資金が使われているっていうのは…

ブックマン社 小宮編集長
「もうそれがわかってたら(本は)出さないですよ。裏金と呼ばれるもので買われてたっていうのはちょっと想像してなかったというか」

二階氏は、5000冊分の代金を、この出版社ではなく、本の監修を務めた人物の会社宛てに振り込んだとしている。
支払われたのは“定価”での合計1045万円。一方 出版社は、その会社に割引価格、 約815万円で売ったという。
差額230万円はこの会社の利益になっているのか?会社を訪ねた。

村瀬キャスター
「二階さんの政治資金の件で取材をしておりまして。どういったご事情かを伺えないかと思いまして参ったんですけど」

監修者は不在。改めて書面で取材を申し込んだが期限までに回答はなかった。

■大量の書籍の行方は・・・

別の書籍代は、二階氏の地元・和歌山で支払われていた。
二階氏が公表した手書きの領収書には、書籍代を受け取ったのは、出版社ではなく和歌山の印刷会社と記されている。
和歌山に向かった。支払先である印刷会社を訪ねると、社長が取材に応じた。

印刷会社の社長
「今回のこの本に関しては、うちから販売したっていうよりは、印刷物を納めさせてもらったっていう」

――二階事務所に納めた?

印刷会社の社長
「お届けした。その対価としてお金をいただいたという形」(続く)

TBS NEWS DIG Powered by JNN http://news.yahoo.co.jp

続きは>>2-4
▶ 読み上げ

 
▶ 全レス読み上げ

まとめ 全件 最新50件