ずんだもん Lab - ニュース速報α -

Come on, join me and let's find the thread with the most momentum!

簡易必死チェッカー
  • UNIQ ID
    2 人
  • N00B ID
    1 人
    • 必死ID TOP5
    • >>1 ID:???
      投稿回数
      2 回
      投稿速度
      5 res/分
      最大文字数
      961 字
      平均文字数
      659.5 字/res
      初投稿
      2024/03/29(金) 02:04:20
      最終投稿
      2024/03/29(金) 02:04:44
      粘着時間
      24秒
    • 投稿回数
      1 回
      投稿速度
      - res/分
      最大文字数
      107 字
      平均文字数
      107 字/res
      初投稿
      2024/03/29(金) 10:51:42
      最終投稿
      2024/03/29(金) 10:51:42
      粘着時間
      -
    • 安価先ID TOP5
[ニュース速報α newsalpha]   0.007 res/時
つくび ◆POKEMONOjk@筑美憧嬢φ ★
2024/03/29(金) 02:04:20.72 ID:???

http://www3.nhk.or.jp

遺族側の弁護士は28日の記者会見で、亡くなった劇団員の母が
現在の心境をつづった「訴え」を公表しました。以下はその全文です。

(原文ママ)

あの日から季節は幾度か変わりましたが、私たちの時間は止まったままです。
娘を想わない日はありません。

娘に会いたい、抱きしめたい、ここに居てくれたらと一日のうちの瞬間、瞬間に何度も思っています。
そして、助けられなかったことを悔い、娘に謝っています。

娘の夢をみて、目覚めた時の現実の虚しさに打ちのめされる、そんな朝を何度迎えたでしょうか。
パワハラが無かったことを前提に作られた調査報告書は、こともあろうか劇団HPに掲載されました。

過重労働については見解の違いはあったものの、ある程度認める内容でしたが、パワハラについては、
全ては娘に非があった、そのための正当な範囲内での指導だった、パワハラは一切無かったという酷い内容でした。

劇団が依頼した弁護士の聞き取りの場で、私たちが提出した娘の悲痛な言葉や証拠、そしてパワハラを実際に見聞きし、
全てを話してくださった劇団員さんの数々の証言も全く反映されておらず、パワハラを行った側を擁護する内容でした。


劇団側にHPでの掲載を止めるように繰り返し求めましたが、1ヶ月以上経ってからようやく抹消されました。

調査報告書の内容を盾に「パワハラはありませんでした」と断言され、「証拠があるなら是非お見せいただきたい」
と画面越しに挑んでこられた劇団の記者会見は、今でも鮮明に覚えています。

それに対して、調査報告書の誤りを詳しく指摘し、私たちが入手した証拠や劇団員さんからの証言を、直接提出しましたが、
劇団は、第三者委員会を設置することはなく、パワハラを行った人の意見のみを聞き、それを擁護しました。

今更ながら、2年半前にヘアアイロンによる火傷があった時に泣き寝入りせず、声を上げれば良かった、昨年2月に
劇団がヘアアイロンによる火傷の事実を「事実無根」と発表した時に抗議すれば良かったと、後悔してもしきれません。

いずれにしても、事実は隠蔽され、娘の居場所は無くなっていたかもしれません。
けれど、声をあげておけば、娘の命は救えていたはずです。

(次へ続く)
▶ 読み上げ

 
▶ 全レス読み上げ
つくび ◆POKEMONOjk@筑美憧嬢φ ★
2024/03/29(金) 02:04:44.46 ID:??? (2/2)
(>>1からの続き)

阪急阪神ホールディングス、宝塚歌劇団の幹部の方々に、もしご自分の
娘が同じことになったら、どうされたのかと、お尋ねしたいです。

娘は決して弱かったわけでも、我慢が足りなかったわけでもありません。
過酷な労働環境と、酷いパワハラの中でも、全力で...
[*長すぎるため省略されました。続きはこちら。]
▶ 読み上げ

つくび ◆POKEMONOjk@筑美憧嬢φ ★
2024/03/29(金) 02:04:44.46 ID:??? (2/2)
(>>1からの続き)

阪急阪神ホールディングス、宝塚歌劇団の幹部の方々に、もしご自分の
娘が同じことになったら、どうされたのかと、お尋ねしたいです。

娘は決して弱かったわけでも、我慢が足りなかったわけでもありません。
過酷な労働環境と、酷いパワハラの中でも、全力で...
[*長すぎるため省略されました。続きはこちら。]
▶ 読み上げ
まとめ 全件 最新50件